FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
転勤
クラバートの読み聞かせをしようと思い立ちました(だって、誰も読んでくれないからw)。一回に2ページくらいしか読めないので、たとえば「日刊クラバート」だとしても(多分、「週刊クラバート」とか「月間クラバート」くらいのペースでしか更新はないと思いますが)、400ページ以上ある本なので半年以上かかる計算になります^^; 誰か一人でも読んでくださったらやめたいと思っていますので、もし万一読んでくださった人がいらっしゃいましたら、「読んだよ!」と言って、この暴挙を止めてくださいw お願いします。

今日は、チビの幼稚園時代のお友達と久しぶりにランチをした。
お友達のうちの一人が、お父さんの仕事の都合でアイルランドにお引越しをすることになったので「しばしのお別れ会」だったのだ。以前の日記にも書いたが、幼稚園は縦割りクラスで年齢の違うお子さんたちとも過ごしていたのだが、同じ年齢の子どもたちは3年間同じクラスだった。そういうわけで、親も子も、家族のようなお付き合いをしてきた。今回、アイルランドに行ってしまうお子さんは、クラスで一番背が高い女の子で、でも、運動神経が皆無というか^^;、自転車にも乗れず、幼稚園時代には跳び箱によじ登ることさえできないというお子さんだったのだが、久しぶりに会うと、すっかり大人びた顔になっていて驚かされた。下のお子さんは、6歳離れていて、幼稚園の時には本当に「赤ちゃん」だったのだけれども、今日お会いするとにこにこしながら上手におしゃべりもできる「女の子」になっていてびっくりした。よそのお子さんの成長は早く感じるものだ^^;
アイルランドでの生活は最低三年間だということで、いろいろ準備も大変そうだったけれど、お母さんが物の考え方が柔軟な方なので、きっと実り多い外国生活になるのではないかと思っている。他にも小さな子どもを連れて外国生活をしているお友達は何人かいるけれど、みんなご主人がその国の方だったりする。唯一、ご主人も日本人で、お子さんが小学2年生から6年生までの4年間をアメリカで過ごしたお友達はいるけれど、日本人が多い場所での暮らしだったということで、わりとお母さんも助けられることが多かったという。今回のお友達は、どうも近所には日本人は2家族くらいしかいないらしいけれど、逆に、お付き合いの大変さがなくて気楽かも^^?とのこと。もちろん、自分を勇気付けるために言い聞かせているところはあるのだろうが、その柔軟なものの考え方で、楽しく暮らしてくれたらいいなぁ思う。
「しばしのお別れ会」ということで、こちらが相手を元気にしようという会ではあったのだが、久しぶりにお会いしたそのお母さんから、逆にこちらが元気をもらったような気がする今日の集まりであった^^w
来年の夏には一時帰国するとのことなので、またみんなで集まれるといいなぁと思う。
スポンサーサイト

テーマ:雑記 - ジャンル:日記

【2008/08/06 22:12 】 | ひとりごと | コメント(6) | トラックバック(0) | page top↑
<<コロッケ | ホーム | 電車でGO!>>
コメント
春さん こんにちは^^

本との出会いは運命というのは、私も感じます。私は、自分が本屋や図書館で出会った本もそうなのですが、お友達にすすめられた本にも運命を感じます。何気なく手に取った本が、自分の心に響いたときの感動というのは、何ものにも代えがたいと思うほどです。
「クラバート」は偕成社文庫っていう子どもの本が、今は一番手に入りやすいかと思います。魔法のお話というと、「ハリー・ポッターみたいなのでしょ?」なんて言われることも多いのですが、自分としては「ゲド戦記」に近いストイックな物語の印象があります。以前にどなたかのコメントのお返事にも書きましたが、魔法の力というのは万能の力ではなく、何か人間として大切なものを損なって得られる力なのであるということを感じるお話なんですよね。そこが大好きなお話である所以です。
クラバートももし、出会えたら読んでほしい本ですが。「ゲド戦記」も出会うことがあったら、絶対にお勧めしたい本です^^(最近本の押し売りをしている私ですw)
【2008/08/14 22:37】 | URL | Minori #-[ 編集] | page top↑
いろいろと忙しく、クラバート読み聞かせの第一弾を聴き逃してしまった・・・
|||orz|||

本屋に立ち寄るたびに、クラバートという本を探しているのですが、いまだ見付からず。
いや、強引に買うつもりは無いのですがw
何と言うか、本との出会いというのは、人との出会いと同じで、運命的なものだと考えてます。
なので、無理矢理にネットで取り寄せたりはしません、申し訳無いですけど。

オイラという人物と、クラバートという本が縁がありましたら、そのうち出会えるはずです。
どうでしょう、マロンチックな感じでしょうか?w
えぇ、昭和生まれですともw
【2008/08/14 02:28】 | URL | 春 #1fN/OmPY[ 編集] | page top↑
亀さんw

奇妙な犬を見てワクワクってw
いや、それより、聞いたからには本を読んでちゃんと私を止めてくださいよ!

最初のコメントへのレスになりますが、アイスランドって私も行ってみたい国です。何年も前にアイスランド大使館だかが作って配っていた観光案内の冊子を大事に持ってたりしますb
【2008/08/07 13:26】 | URL | Minori #-[ 編集] | page top↑
夢デシタカ・・・汗

スミマセンv-12

でも、
奇妙な犬
の方が、
なんかワクワクなんだけどwwwwww

【2008/08/07 08:36】 | URL | 亀 #FtYpOcc.[ 編集] | page top↑
亀さん こんにちは

奇妙な犬・・それはボイス・シールの内容のことだと思うのですが、最後の一節ですね・・・?

奇妙なですw!
発音の悪い自分が、読み聞かせを思い立ったのが悪いんですw・・・・orz
【2008/08/07 03:20】 | URL | Minori #-[ 編集] | page top↑
とりあえず、
聞いたw

奇妙な犬ってナンダーw

ってか、
アイルランドに転勤ってすごいねw

アイルランドだよ・・・汗

寒そう・・・・

関係ないけど、
アイスランド行きたいw

bjorkの地に行ってみたいww

【2008/08/06 22:55】 | URL | 亀 #FtYpOcc.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tehanu.blog66.fc2.com/tb.php/225-a26eab23
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。