FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 | page top↑
神は天にあり、世はすべてよし
バビル2世というアニメが昔ありましたが(ちゃんと通して見たことはありません)、主題歌で♪バベルの塔に住んでいる?というのを聞いて、彼が何故バベルの塔に住んでいたのか気になって仕方ないMinoriです。

さて・・・予定外に長く、一人でPCのない夏休みを続けていると、することは限られてくる。
すなわち、本を読むのみ! 本好きにとっては、限りなく贅沢な時間だ(本当か!?)。
そんなわけで、本を読み漁り、普段はあまり読まない漫画なんかもだいぶ読んでしまった私だ。だいたいは、実家にあった昔読んだ本(世界名作全集、父の蔵書の王維やら李白やらの漢詩の本とか・・・好きだからいいんだけどさ)とか、妹の蔵書の古い漫画(「風翔ける国のシィちゃん」、「花冠のマドンナ」「辺境警備」「お迎えです」などなど・・・妹の趣味がワカランw)を読んでいたのだが、売店でふとみつけてモーニングKC「聖☆おにいさん・2」(中村光)という漫画を買ってしまった。何でこんな漫画を買ってしまったかというと、表紙に描かれた二人の人物が、イエスさまとお釈迦さまに見えたからなのだ(着ているセーターに"ヨシュア"と"天上天下"って書いてあるんだもんw)・・・買って確認したら、間違いなくイエスさまとブッダであった。
つまり・・・無事に世紀末を乗り切ったイエスとブッダが、下界でバカンスを楽しむというお話なのだが、二人が下宿している場所は立川である。オンラインゲームを楽しみ、ブログを書くイエスと妙に財布の紐が堅いブッダの二人のほのぼのとした暮らしを描くギャグ漫画だ。私は、第2巻しか読んでいないけれど、とにかくおもしろい。こんなに笑った漫画は久しぶりではないだろうか。ページをめくるたびに、こらえるのが辛いほど笑いの発作が襲ってくるのだ。
本人に気づかれないようにイエスの誕生日を祝う準備をしようと四苦八苦するブッダと、無邪気にクリスマスに浮かれるイエスを描く「HOLLY BIRTHDAY」、大晦日から元旦にかけての二人を描く「自分詣で」、風邪をひいてしまったブッダを病院へ連れて行く「ホスピタル・フィーバー」、ダイエットに励むブッダと付き合うイエスを描いた「むくむく王子」(この漫画の後の書き下ろしの1コマが最高にお気に入りだ。笑いが止まらなかった^^;)、二人でピクニックに出かける「天国に一番近い公園」、イエスにとっての聖地とは!?「聖地巡礼」、ダジャレでイエスが銭湯の湯をワインに変えてしまう「サンパツ沐浴ドランカー」・・・こうして書いているだけでも思い出し笑いをしてしまうような漫画であったw それぞれの宗教について知らなくても笑えるけれど、少しでもその宗教について知っていると更に笑える内容だ(二人が着ているシャツに書かれた文字だけでも、私はおかしかったw)。
でも、ただおかしいだけではなくて、二人がお互いを気遣う気持ちがとても感じられて、私はギャグ漫画なのだけれど、なかなかいいなぁと思った。暴力も意地悪もなく、本当にほのぼのとした気分で読める。イエスがものすご?く天真爛漫でチャーミングで、ブッダはイエスの手綱をしっかり握っている感じなのだ。
だいぶ以前に、どなたかのブログにつけたコメントで、私は宗教について「天の国の池で、イエスさまとお釈迦様とアラーの神様が仲良くお話しながら釣りをしてるんだと思う」というようなことを書いたことがある。宗教って、多分、根は同じところから発生しているように思うのだ。もちろん、何にも知らない無宗教の人間の戯言に過ぎないのだけれど。そんな風に考えている自分にとって、この漫画は、ギャグ漫画なんだけれど、アラーの神様も含めて、こうあったらいいなぁと思ってしまう内容なのであった。
まあ、この漫画を読んでそういう変なことを考える人は多分自分だけだろうと思うけれど^^;

で、いつものごとく、タイトルとの関連性は・・・
ないです!(キッパリ
タイトルは、「赤毛のアン」の中で、最後にアンがつぶやく言葉である。もとはロバート・ブラウニングの詩の一節で(God's in His heaven・・・All's right with the world!) 、「神は天にあり、世はすべてよし」というのは自分が子どもの頃に読んだ村岡花子さんの訳なのだけれど、アニメでは「神は天にいまし すべて世は事もなし」という訳が使われていたなぁ・・・
スポンサーサイト

テーマ:マンガ - ジャンル:アニメ・コミック

【2008/08/27 22:50 】 | 未分類 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top↑
<<その日まで | ホーム | ひとりきり>>
コメント
亀さん こんにちは

ああ、もう古本屋にあるんですね。早いなぁ^^;;;・・・
私は、1巻も手に入れて読んでみました。でも、やっぱり2巻の方がほのぼの度が増していていい感じだと思いました。
【2008/08/29 21:06】 | URL | Minori #-[ 編集] | page top↑
聖☆おにいさん

が、
気になって、
調べちゃいましたよwwww

どんな画なのか、
見たかったので、
そしたら、
読めそうな画だったから、
自分も買って読んでみようかな・・・
と思ったw

古本屋で、
売ってるかなぁぁ・・・・

探してこよっw
【2008/08/28 13:02】 | URL | 亀 #FtYpOcc.[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://tehanu.blog66.fc2.com/tb.php/250-814fed19
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。